地球温暖化対策

ウシオでは「2020年環境ビジョン」の先を見据え、引き続き現状のCO₂削減努力(年率1%)を維持し、2025年までの10年間で引き続き、生産性向上などの対応を充実させ、10%の削減を目指す考えです。また、SCOPE3での製品使用によるインパクト低減も、大きな目標としていきます。

※SCOPE3:温室効果ガス排出量の算定範囲の一つ。生産・輸送されるときに発生する温室効果ガスや、自社商品を顧客が使用するときや廃棄するときに出る温室効果ガスなど、自社だけでなくバリューチェーン全体に相当する範囲。

気候変動に対する考え方

地球温暖化が影響する気候変動への懸念があります。一企業集団であっても自然災害によるビジネスへの影響を回避し、持続的に発展するためにも、対策を重要事項と捉え推進しています。ウシオグループでは、事業活動でのエネルギー消費によるCO₂などといったGHG排出による気候変動へのインパクトが拡大する懸念や、当社が提供している製品をお客さまがご使用になる際に必要な電力消費についても配慮する責任があると考え、環境方針を定め、あらゆる形での省エネルギーを進めています。

事業所の活動においては、生産性の向上による生産高原単位の向上による省エネルギーに最も力を入れ、太陽光パネルの設置、空調の省エネ、照明のLED化など省エネ活動も継続的に取り組んでいます。また製品では省エネルギーに寄与する環境配慮型設計を推進し、あらゆる事業活動によるCO₂排出を抑制することにより、積極的に気候変動への影響を低減させていきます。

ウシオのコア技術であるランプは発光効率においてLEDやLDに及ばないといった課題があります。お客さまの生産活動の中でLEDやLDといった製品を活用していただくことができると、ランプ光源の活用に比べ電力消費の改善(COO改善)につながります。こうした提案を積極的に進めることが、結果として気候変動の抑制や環境・社会への貢献にも結び付いていきます。LED・LD導入のご提案は、ビジネスとして非常に優先度が高いという認識を持っています。

LEDやLDのビジネスは将来の大きな原動力として位置づけており、2017年度の計画値は、2015年度の売上高に対し1.6倍の金額を設定しています。その他の製品においても、ウシオ独自のスーパーグリーンプロダクトの認定基準の一つとして省エネルギーの項目を入れているため、認定製品の販売促進により省エネルギーへの貢献も継続的に進めることができると考えています。

第五期環境行動計画 目標と結果

エネルギー起源のCO₂削減

生産高原単位2015年度比3%の削減 ⇒ 2016年度実績7.7%の増加

第五期環境行動計画2016年度は生産高に寄与しないクリーンルーム、ライフ電力増加がありCO₂排出量増加が原因で原単位悪化につながりました。但し主要サイトについては主要サイトの電力使用量の1.0%に相当するCO₂排出量削減の活動を継続的に実施したことで目標1.0%を達成しました。(達成率101%)

物流起源のCO₂削減

出荷高原単位での削減(前年度比1%削減) ⇒ 播磨事業所で2015年度比3.1%削減、御殿場事業所にて2015年度比で24.1%削減

播磨事業所、御殿場事業所とも輸送効率化を最重要課題として取り組み、目標達成となりました。

第五期環境行動計画(2016~2018年度)2016年度 目標と結果

2016年度目標

・生産高原単位1%削減(2015年度比)

・物流起源CO₂排出量の削減

 出荷高原単位 2015年度比1%削減

 アジア圏出荷回数2015年度比7.4%削減(25回/月)

取り組み

・主要7サイトを中心に削減施策を展開

・物流は日本、アジア地域で取り組み

2016年度結果

・生産高原単位7.7%増加(2015年度比)

⇒第五期環境行動計画2016年度は生産高に寄与しないクリーンルーム、ライフ電力増加がありCO₂排出量増加が原因で原
 単位悪化につながりました。但し主要サイトについては主要サイトの電力使用量の1.0%に相当するCO₂排出量削減の活
 動を継続的に実施したことで目標1.0%を達成しました。(達成率101%)

・物流起源CO₂排出量の出荷高原単位で播磨事業所3.1%削減、御殿場事業所24.1%削減

・アジア圏出荷回数 23.8回/月

課題

・生産高に寄与しない電力使用量の削減

・輸送効率化の課題として、製品の大型化に伴う輸送車両の選択の必要性

今後の取り組み

・一部グループ会社にて、8割以上のカバー率を目標として段階的に管理サイトを拡大し、状況把握・施策展開する

・ランプの寿命試験による電力使用量を削減する施策を中心として、各拠点から積み上げた数値目標を管理する
 (主要8サイトでの目標値は年間680MWhの削減となる見込み)

環境行動計画の進捗管理について

ウシオでは、社長が委員長を務めるCSR委員会を開催しています。3ヵ年の環境行動計画についてCSR委員会で進捗報告と次の課題の共有が行われ、継続的なPDCAサイクルを回しています。このCSR委員会の直轄として地球温暖化対策委員会があり、CSR行動計画や第五期環境行動計画などにある具体的取り組みを推進しています。

SCOPE3への取り組み

ウシオは、事業所の省エネ活動でCO₂排出量の削減を行っていますが、近年はそれだけでなく製品の使用などライフサイクル全体で生じる間接的なCO₂排出量の把握が求められるようになりました。これは、CO₂の発生が事業所でのエネルギー使用だけでなく、調達した部品を製造したとき、部品や製品を運送したとき、社員の移動、そして製品の使用や廃棄したときなど、事業に関わるあらゆるシーンでCO₂が発生しており、これらは、企業努力で削減につなげることが可能だからです。

そこでウシオは、これまでの事業所活動に関わるSCOPE1・2というCO₂排出量把握・削減活動に加え、製品・部材の使用、輸送、人の移動など事業全体に関わるCO₂排出量をSCOPE3として把握するところからはじめています。これらを分析した結果、エネルギーを使用する製品を製造販売していることから、「製品使用」におけるCO₂排出の割合が高く、環境配慮型製品の開発が重要であることを認識させられました。

2016年度は生産変動の影響もあり、原材料や製品使用によるCO₂減少の影響で、全体としても前年度比7%減少しています。今後も事業活動の影響を把握し、その影響を事業活動自体で改善する取り組みにつなげていきます。

SCOPE1、2、3の比較(2016年度)

カテゴリ SCOPE1
(直接排出)
SCOPE2
(購入電力)
SCOPE3
購入した製品・サービス 資本財 SCOPE1、2に含まれない燃料および
エネルギー関連活動
輸送、配送(上流) 事業から出る廃棄物 出張 雇用者の通勤 販売した製品の使用 販売した製品の廃棄
t-CO₂ 3,814 35,179 511,841 25,342 3,853 312 655 775 2,292 569,784 8
比率 0.33% 3.05% 44.36% 2.20% 0.33% 0.03% 0.06% 0.07% 0.20% 49.38% 0.00%

ウシオの環境情報収集システム「ECO-SYS」

ウシオグループでは、環境情報の集約、色々な視点での分析、情報開示、環境行動計画に従った環境パフォーマンス・環境経営指標の目標進捗管理を目的に、環境情報収集システム「ECO-SYS」を導入運用しています。

これによりウシオグループの環境情報の一元管理が可能となったばかりでなく、省エネや廃棄物削減などのグループ各社・各拠点における環境目標の進捗管理を支えるツールとして役立っています。「ECO-SYS」で収集した環境情報から事業所の水使用量の評価やCO₂排出量の分析、省エネ施策を展開するなどの実績をあげてきました。各事業所のCO₂排出量、水使用量、廃棄物量のデータ集積とモニタリングを継続し、課題の共有とベストプラクティスの抽出に活用することで、環境業務効率の改善を図り、ウシオの環境経営の基盤となっています。これらのデータを基に、社外からの調査依頼への回答を行っており、データの信頼性向上に役立っています。
今後はさらなる信頼性向上を狙い、データの収集・分析・フィードバックの自動化とスピードアップを目指します。

環境情報収集システムによる情報共有と分析・評価の実施

ウシオグループでは、2006年から環境情報収集システム「ECO-SYS」にてグループ各社・各事業所での高効率な環境データの収集を進めています。2012年度からは、データの自動集計のシステムツールを導入して、集計・分析の確実性を高めており、近年では、グループ全体でのCO₂総排出量推移に対する分析を定期的に行っています。毎月の月次報告数値を確認しており、何らかの異常値が見つかった場合に問い合わせをしています。また、施策の好例をグループ各社・各事業所と共有するなど、全体での改善を継続しています。

業界団体活動での貢献

ウシオは、電機・電子温暖化対策連絡会による「低炭素社会実行計画」に参加しています。長期ビジョンでの目標数値の共有や団体への定期的な進捗報告を行うことにより、業界一丸となったCO₂排出量削減努力を進めています。SCOPE3集計によるCDPへの報告、環境省の「環境情報開示基盤整備事業」への参加も積極的に進めています。

※CDP:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト。機関投資家が連携し、企業に対して気候変動への戦略や具体的な温室効果ガスの排出量に関する公表を求めるプロジェクトです。ロンドンに本部を置く非営利組織CDPがプロジェクトを運営しています。

主な事業所における取り組み

播磨事業所

ウシオグループのCO₂総排出量のうち、播磨事業所のCO₂排出量は41%程度を占めています。播磨事業所では、全建屋を対象に待機電力の調査と削減、ランプの寿命試験、生産設備使用電力の省エネ活動を行うことにより、2016年度は自主努力分として174MWh(89.0t-CO₂相当分)を削減しました。

また毎年、夏・冬には、関西エリアの節電対応に向け、生産設備およびランプの寿命試験による電力の使用予想に基づくピーク電力の削減対応を継続的に行っています。

御殿場事業所

御殿場事業所におけるCO₂の排出量は、グループ全体の13%程度(54期3月時点、55期は11%見通し)を占めています。
御殿場事業所で生産されている製品はアセンブリ(組み立て)製品が多いことと、クリーンルームを使用していることから、空調で使用するエネルギーが全体の約60%を占めています。
クリーンルームに設置のクリーンブース部の温度が装置からの排熱で上昇し基準値を外れることがあり、老朽化した恒温恒湿空調設備の更新を計画していましたが、ラジエーターを設置して低温な御殿場の工業用水を利用し、装置排熱を除去することで空調のスペックダウンによりイニシャル・ランニングコストを大幅削減することができました。また、CO₂排出量で240t-CO₂/年削減を達成しました。

照明器具をLED化

ウシオライティング

ウシオライティングでは、事業所内の照明に使用している蛍光灯のLED化を進め、31MWh/年の省エネができました。

USHIO(SHAOGUAN)CO.,LTD. (USG)

USGでは倉庫の照明は、40W U型ランプから20WのLEDに変更し7MWh/年の省エネができました。USGでは引き続き照明のLED化を計画しております

エネルギー管理優良工場表彰(御殿場事業所)

関東経済産業局から「エネルギー管理優良事業者等関東経済産業局長表彰」を授与しました。老朽化した恒温恒湿空調設備の更新を計画していましたが、発想を変えラジエーターを設置して低温な御殿場の工業用水を利用し、装置排熱を除去することで空調のスペックダウンにつながり、イニシャル・ランニングコストを大幅に削減することができました。また、CO₂排出量で240t-CO₂/年削減を達成しました。