お取引先さまとともに

お取引先さまとは、互いの立場と権利を尊重し合いながら国際社会の中で企業活動、社会に貢献するべくともに発展し、永続的な取引に努めてまいります。

購買基本方針

ウシオグループでは、「私たちの行動指針10」の中で、取引を行う場合には常に相手の立場と権利を尊重し、公正・公平な姿勢をもってあたり、優越的地位を利用して不当な条件を押しつけたりしないこと、また腐敗防止に努め、社会通念に照らして適正な取引を行っていくことを約束しています。

  1. 法律、社会規範の遵守
    法律、社会規範を遵守し、契約上の義務を誠実に履行し、取引先保護法令等および健全な商習慣に則った取引を行います。
  2. 取引公平な機会
    新規取引に際しては公平な機会を提供し、公正で客観的な判断に基づき決定します。
    - 取引の決定は、品質・価格・安定供給・納期対応・技術開発力 ならびに 経営安定性・環境配慮・社会貢献、CSRの取組み状況などを総合的に判断し、定められた手順に従って実施します。
  3. 信頼関係の構築
    取引では、対話に基づく相互理解により 常に信頼関係を維持し、発展させ 永続的な取引に努めます。
  4. 環境対応購買
    環境に関する国際規格、法令、協定、指針、顧客基準、ウシオ自主基準を遵守し、グリーン調達を行います。
  5. 機密保持
    会社、調達取引先および第三者の秘密情報を、所定の手続を経ないで開示、漏洩しません。調達活動において、不当な手段を用いて調達取引先あるいは第三者の秘密情報を取得しません。
  6. 調達活動
    調達活動は、所定の教育・指導を受けた購買担当者により調達部門が実施します。

調達先選定基準

調達先選定基準の図

サプライチェーン全体の事業活動におけるすべての人権尊重に向けて

ウシオグループは「私たちの行動指針10」において、「国際規範に基づき、事業活動すべてに関わる基本的人権を尊重します」としています。そして、CSR調達方針においても「すべての人への人権尊重」を表明しています。詳細は「人権の尊重」のページをご参照ください。

人権の尊重

ウシオCSR調達方針

ウシオ電機は、オープンで自由な企業活動を通じて、国際市場において優れた製品とサービスを提供することにより、企業の社会的責任を果たします。調達活動においては、共存共栄の精神のもと、法令や社会的規範および環境保全に配慮すべく、下記5項目を「ウシオCSR調達方針」として定めています。

  1. 人権ならびに労働安全衛生
  2. 環境への配慮、グリーン調達
  3. 製品安全性の確保
  4. BCP(事業継続)
  5. 公正・公平な取引、法令遵守

CSR調達方針

紛争鉱物への対応

ウシオグループでは、ランプの電極やフィラメントなどの部材にタングステンやタンタルなどを使用しています。そのため、「紛争鉱物に対する基本方針」を制定し、グループ内ならびにお取引先さまに対しても紛争鉱物の使用を制限しています。さらに紛争鉱物の使用状況を調査し、お客様に調査結果(EICC/GeSIテンプレート)を報告しています。

(紛争鉱物)
紛争鉱物とは、紛争地域において産出され、鉱物を購入することで現地の武装勢力の資金調達につながり、結果として産出地域の紛争に加担することが危惧される鉱物の総称です。米国証券取引委員会(SEC)による金融規制改革法の紛争鉱物条項に基づき、米国の証券取引所に上場している企業などに、コンゴおよび近接諸国で産出された紛争鉱物(タングステン、タンタル、金、スズ)の製品への使用に関する開示と報告が義務づけられています。

【紛争鉱物に対する基本方針】

  • コンゴおよび周辺紛争地域で産出される武装勢力の資金源となる紛争鉱物(タングステン、タンタル、金、スズ)を使用しない。
  • 仕入先にウシオ方針を伝え、必要な調査を実施する。
  • 紛争鉱物の使用が明らかになった場合は購入を中止し是正を行なう。

2014年10月01日
ウシオ電機株式会社
代表取締役社長 浜島 健爾

グリーン調達および国際環境法規制対応の推進

ウシオの製品はさまざまな国に出荷され、さまざまな分野で使用されています。RoHSなどの国際基準はもとより、各国・地域の法規制に適正に対応できるよう、ウシオは部品材料の購買活動の指針として独自に「グリーン調達基準」を制定し、製品含有化学物質に関する内外の要求に応えています。

複雑化および増大する環境情報管理への対応(ウェブ運用)

製品に含有する化学物質の種類および適用される製品カテゴリーは、年々増加し更新されています。特にRoHS規則は、2017年以降は適用される製品カテゴリーが大幅に拡大することが予定されています。

多種多様な部材で構成されるウシオの装置製品においても、それらへの厳正な対応を可能とすべく、「部材の環境情報管理システム」(ECODUCE2)の更新・強化を行いました。環境情報をウシオのお取引先さまとウェブ上で双方にやりとりすることで、環境情報の精度向上とともに対応工程数の大幅な削減を可能としています。

また、リスクマネジメント室において適宜最新の法規制情報の収集と各拠点への伝達を行い、タイムリーにバリューチェーンの構築を進めています。ウシオの「グリーン調達基準」は当社のホームページで公開され、当社のお客様やお取引先さまに常に最新の状態でご覧いただくことができます。

アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)への参画

ウシオはサプライチェーンを通じた含有化学物質情報の伝達や各国環境法令への対応を推進すべく、アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)に参画しており、業界共通フォーマット「AIS」での運用・普及を進めています。

お取引先さまとの協業

ウシオではお取引先さまに対し「調達/CSR調達説明会」を適宜開催しています。「CSR調達方針」や「グリーン調達基準」の説明、ならびにRoHS、REACH規制の改定状況などの説明を行うことで、サプライチェーン全体を通じたCSR調達の理解を深めるとともに、CSR調達への協力要請を行っています。

ウシオでは各お取引先さまとの対話を通じ相互理解を深めるとともに、安定供給や品質への対応力の向上を進めています。「グリーン調達基準」やRoHS、REACH規制の改定状況の説明を行う説明会の開催などを通じて、ウシオ製品のお客様ならび市場における顧客満足度向上に努めています。