ウシオライティングが樹脂製の「UPバルブ」でバルブ分野に参入

ポリプロピレンを主原料とする、耐薬品性とコストパフォーマンスに優れたUPバルブ(ユーピーバルブ)の販売を開始

ウシオ電機株式会社の100%子会社であるウシオライティング株式会社は、産業用機器・システムなどの配管に多く使用されているバルブのビジネスに参入し、新製品として、耐薬品性とコストパフォーマンスに優れたポリプロピレン(PP)を主原料とする「UPバルブ」を、12月上旬から販売開始します。


理化学機器、分析装置、製造装置・システムといった産業用機器の内部で使用する空気や水などの気体・液体用配管チューブには、「流す」「止める」といった制御をするバルブが使用されています。このバルブにも種類があり、高いスペックや強度が求められる場合には、フッ素樹脂、金属製が主に使われます。

その一方、コストパフォーマンス優先で、必要とするクオリティーが担保できる素材で作られたバルブがあればそれに切り換えたいというユーザーも潜在的にいます。また、同時に、耐圧性や耐薬品性、使用している配管や継手との相性もバルブ選びの要素になります。

UPバルブは、PPを主原料にした樹脂製で、現在、市場にはほとんどありません(ウシオライティング調べ)。高い耐圧性や耐薬品性、優れたコストパフォーマンスを兼ね備えているという特長があることから、上記のようなユーザーに対して、大きなメリットとソリューションをもたらします。

詳しくは、ウシオライティングのWebサイトをご覧ください。

 

関連製品