波長安定・狭帯域化レーザーユニット 「NovaTru CHROMA」

  • 検査
  • 測定
  • バイオ・化学
  • 映像・シネマ
  • 照明

ラマン分光、干渉計測等のご用途に向け開発された、半導体レーザの高効率・コンパクトネスと、ガスレーザの波長安定性を兼ね備えた新しい光源です。

波長回折素子、VBG®により半導体レーザ光を波長安定・狭帯域化して出力します。
超狭帯域(Δλ<0.01pm)の縦横シングルモードモデルと、高出力のマルチモードモデルがあり、ラマン分光に適した633nm, 785nm, 1064nm 等各波長取り揃えています。
ドライバを含めて76×64×18mmのコンパクトボディ*で、研究用途から機器組込までオールマイティにご使用いただけます。
出力はファイバ出力と平行光出力から選べます。



*高出力マルチモードモデルを除く

波長安定 / 狭帯域化
Volume Bragg Grating(VBG®)によりLDの波長を安定化 / 狭帯域化
ガスレーザークラスの安定とLDのコンパクトさを両立
縦・横シングルモード、マルチモードの多彩な波長のモデルをご用意
コンパクト&かんたん操作
出力光学系、ドライバも僅か86ccの容積にビルトイン
USBもしくはI/O接続だけのかんたん操作
ファイバ出力と平行光出力を選択可能
ご用途に応じファイバ出力と平行光出力を選択可能
ファイバはマルチモード / シングルモードはもちろん偏波保持ファイバも選択可能
仕様
波長 633/647/780/785/830nm
※その他の波長はご相談ください
波長幅/波長安定度 縦横シングルモードモデル<0.00001nm / 2-5pm
マルチモードモデル  0.1nm / 5pm
出力 縦横シングルモードモデル 10-60mW
マルチモードモデル    10-2,000mW
サイズ 全モデル共通 3×2.5×0.87in(76×64×22mm)
※温度条件、ディレーティングによって異なります。
ラマン分光
フローサイトメトリ
共焦点顕微鏡
蛍光励起
干渉計測
各種分光
HeNeレーザー代替

搭載光源