電源技術

高品質・高効率で理想的な「光」を安定供給

ランプなどの光源開発では、その性能を十二分に発揮させるために、点灯電源技術との連携が非常に重要になります。ウシオでは、10nm~103nmオーダーにおよぶ広範囲な波長のランプやレーザの開発とともに、さまざまな点灯電源の技術開発を進めています。

  • 小型・軽量・高効率化技術

    独自のソフトスイッチング技術、高周波重畳型無負荷電圧発生技術などを用いて、小型軽量高効率を実現。

  • インテリジェント化

    ランプの放電モードや状態に応じた高度な制御、外部との通信機能でランプや電源の状態を外部に伝え、外部からの制御を受ける機能など。

  • 低ノイズ始動技術

    放電ランプの始動時に使われる高電圧パルスからのサージや、ノイズ発生を低減する技術であるDCスタータ、外部トリガ、イグナイタレス始動技術。

  • 低ダメージ点灯

    放電ランプの、特に始動初期に受けるダメージを低減するために、始動~安定放電までの放電モード全域にわたる制御技術。

  • 広範囲電力

    数Wから数10KWまでの幅広い電力範囲の放電ランプに対する、スイッチング方式点灯電源技術。

  • 放電ランプの高安定・高効率駆動技術

    放電ランプのアークの高安定駆動の実現のために、ショートアーク超高圧水銀ランプのDC点灯方式や、AC点灯超高圧水銀ランプのU-Drive駆動によるアークの高安定駆動技術、誘電体バリアランプの特殊矩形波駆動による高効率化技術、光フィードバックによる光量安定化技術。

  • 幅広い種類の放電ランプ駆動技術

    放電原理・用途・電力などが異なる、幅広い種類の各種放電ランプそれぞれのパフォーマンスを最大化する駆動方式。

  • 環境対応

    鉛フリー化など、RoHS指令をはじめとする各種環境法令・指令への対応と同時に、環境負荷を減らした製品開発を進め、設計段階からの環境配慮型製品アセスメントの実施、LCA評価による環境配慮型製品の開発を推進。

  • 各種安全規格対応

    UL、IEC、CSA、電気安全法などの安全規格に対応。