ごあいさつ(経営陣紹介)

1964年の創業以来、私たちは「光」のイノベーションカンパニーとして、紫外線、可視光、赤外線および、その周辺波長領域を含めた光の機能や用途を解明し、カタチにすることで、独自の技術や製品、サービスをご提供してまいりました。
そして、「インダストリアルプロセス」「ビジュアルイメージング」「ライフサイエンス」を中心に、今日も数多くの分野で世界初や世界トップシェア製品を生み出しています。

一方、「光」にはまだ知られていない多くの可能性があると言われており、私たちはその可能性を信じています。
これからも企業理念のもと制定したコーポレートスローガン「未来は光でおもしろくなる」に込めた想いを実現するために、社会課題の解決はもちろん、想像を超える未来や文化の創造に貢献するとともに、CSRやダイバーシティなど企業の社会的責任に真摯に取り組み、企業価値の向上と持続的成長の実現に向け一層努めてまいります。

今後とも、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長

内藤 宏治

当社は、1964年の創業当時、光をエネルギーとして利用・応用し、新しい光市場を創出していくことを事業の方針と定め、以来、産業の最先端分野が求めるさまざまな光製品を、一貫して開発してまいりました。

ハロゲンランプや放電ランプなど、多種多彩なランプにはじまり、これらを組み込んだ光のユニット、光応用装置、さらには光のシステムへと開発の幅を拡げ、これらの成果として、世界のニッチマーケットで数多くのトップシェア商品を持つまでに成長しています。

ウシオは、さらに、サステナブルな社会の実現に向けて、なくてはならない企業であり続けるための経営革新にも取り組んでいます。オープンでフェアーな経営、グローバルに考えローカルに行動する経営を通して、環境配慮型の商品開発や資材調達、CSRなどを推進し、21世紀の新時代にふさわしい企業価値の創造に、全力を傾けてまいります。

今後ともご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

取締役相談役

牛尾治朗