ESG経営に対する評価

ウシオは「MSCI ジャパンESG セレクト・リーダーズ指数」、「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」、「FTSE BlossomJapan Index」、[S&P/JPX カーボン・エフィシエント指数」という、世界最大の年金運用機関であるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が採用する4 つのESG指数すべてに選定されています。これは、投資期間が長期にわたるほどリスク調整後のリターンを改善する効果が期待されるとするESG 投資において、ウシオの環境、社会、ガバナンスの取り組みが評価されたものです。 ウシオは今後もこれらの取り組みを積極的に進め、企業価値の向上に努めるとともに将来にわたって持続可能な社会の実現に貢献していきます。

外部評価

 

FTSE Russell 社が作成管理するグローバルな社会的責任投資指数「FTSE4Good Index Series」に、18 年連続で選定されています。また、ESG 対応の優れた日本企業のパフォーマンスの指標
である「FTSE Blossom Japan Index」にも5年連続で選定されています。
(注)FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここにウシオ電機が第 三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan IndexはグローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成し、環境、社会、 ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている日本企業のパフォーマンスを測定するために設計されたものです。FTSE Blossom Japan Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。 





「MSCI ジャパンESG セレクト・リーダーズ指数」は、MSCI ジャパンIMI トップ700 指数構成銘柄の中から、ESG 評価に優れた企業が選定されるものです。また、「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」はMSCI ジャパンIMI トップ700 指数構成銘柄の中から、MSCI 社が新たに開発した性別多様性スコアに基づいて 業種内で性別多様性に優れた企業が選定されます。ウシオはともに、5年連続選定されています。
(注)ウシオ電機(株)のMSCI指数への組入れやMSCI社のロゴ・商標・サービスマーク並びに指数の使用は、MSCI社及びそ の関連会社によるウシオ電機(株)への後援・宣伝・販売促進を企図するものではありません。MSCI指数はMSCI社に独占権 があり、MSCI社及びMSCI指数並びにそのロゴは、MSCI社及びその関連会社の商標・サービスマークです。





S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数」は、東京証券取引所が算出・公表している東証株価指数(TOPIX)の構成企業のパフォーマンスを測定するように設計されており、売上高1単位当たりの炭素排出量を評価するグローバル環境株式指数で、ウシオはこの構成銘柄に選定されています。







SOMPOアセットマネジメント株式会社(SNAM:エスナム)が設定する2021年度「SNAM サステナビリティ・インデックス」は、ESG(環境、社会、ガバナンス)に優れる約300 銘柄に投資する年金基金や機関投資家向け運用プロダクト「SNAM サステナブル運用」に用いられており、ウシオは、環境、社会、ガバナンスの取り組みが評価され、2012 年から10年連続で選定されています。









ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が2020年10月14日付で発表した「世界で最も持続可能な経営をする企業100社」(The 100 Most Sustainably Managed Companies in the World)に選定されました(56位)。




米国ビジネス誌のFORTUNEが公表する「世界を変える企業ランキング-Change the World List」に選定されました。 
FORTUNE誌は、社会や環境的に重要な影響を与えているグローバルな企業のランキングを毎年発表しており、今回のウシオの選定は、学校や商業施設などの有人環境下にそのまま設置・使用できる222nm紫外線ウイルス不活化・殺菌技術「Care222」が高く評価されたものです。