社会貢献活動

公益財団法人 ウシオ財団

公益財団法人 ウシオ財団は、1994年にウシオ電機創立30周年記念事業として設立されました。グローバル化が進む中で、同財団では海外留学生も含む次代の世界を担う人材の育成に寄与し、諸外国との交流と相互理解を増進することで社会に貢献しています。

2020年度は、大学院生(留学生含む)45名、高等専門学校専攻科生11名に奨学金を支給しました。これまでに支援した奨学生の数は668名を数え、今年も引き続き被災地の学校に対しても支援を行っています。

奨学生合格証授与式にて(2019年)                    懇親会にて(2019年)

公益財団法人ウシオ財団

ウシオフィリピン

 フィリピンでは、優秀な人材であっても経済的理由で学業を断念したり、また卒業後も雇用環境が良いとは言えず、結果として海外に出て働くケースが多く見られます。このような状況から、ウシオフィリピンでは2017 年度から奨学金制度をスタート。現在第2期1名と、累計4名の支援を行いました。なお、2020年度は新型コロナの影響で実施していません。 





 


   ウシオ蘇州

      2021年4月、ウシオ蘇州では地元の蘇州ハイテク新区の小学校、中学校、大学、修士課程の学生を対象にした「牛尾英才愛心基金」を設立しました。蘇州ハイテク新区慈善総会に寄付を行ったもので、
      2009年から行ってきた蘇州大学の学生対象の奨学金支援から対象が広がりました。