社内コミュニケーション

イントロdeウシオ

ウシオ電機本社の移転をきっかけに誕生したフリーデスクとハブエリア。ハブエリアでは毎週定期的なプレゼンテーションが行われており、そのひとつに「知りたい」「伝えたい」をつなぐ「イントロdeウシオ」というものがあります。これは他の社員や部署が何をしているかを浸透させる目的で、いろいろな部署の人が自部署の製品や技術を紹介する場です。休み時間の直後に行い、発表のときはほとんどが立ち見になるほど人が集まります。
また、社員が事業部長との交流を通してウシオの事業や製品、歴史についての理解を深め、そこから学んだ知識を自分の言葉でも発信できるよう「事業部長が語る会」のような経営者と現場の連携をはかる取り組みも活発に行っています。

文化体育会制度

ウシオ電機には文化体育会制度があり、マラソン部や読書部など約40の部が活動しています。会社からも部活動費の補助などがあり、従業員の健康を増進し、文化教養を高めるとともに、従業員同士のコミュニケーションやリフレッシュを支援しています。