CSR調達方針

ウシオは、ESG経営を推進し、課題克服に取り組んでいくとともに、オープンで自由な企業活動を通じて、国際市場において優れた製品、サービスを提供することにより、企業の社会的責任を果たします。

調達活動においては、共存共栄の精神の下、法令、社会的規範および環境保全に配慮すべく、下記6項目をウシオCSR調達方針として定めます。

また、お取引さまのサプライチェーンにおいても、ウシオCSR調達方針をご理解の上、調達活動を行っていただけますよう、お願いいたします。

1.人権ならびに労働安全衛生

多様な個性と価値観を受け入れ共働する社会を目指し、すべての人々の基本的人権を尊重します。

 *具体的には、児童労働禁止、強制労働禁止、あらゆる差別禁止、団結の自由の権利の尊重、団体交渉権の尊重、
  過剰労働時間を削減すること、最低賃金を上回ること、健康および安全に関する取り組みです。

御社におかれましても法規制を遵守すると共に、人権ならびに労働環境及び安全衛生の整備をお願いします。
調達においても、サプライチェーンにおける人権ならびに労働安全衛生を考慮してください。

2.環境への配慮、グリーン調達

持続可能な社会を実現する為、環境保全と資源の有効活用に取り組むと共に、環境に配慮した製品を社会に提供します。

 *環境保全とは、生物多様性の保全、気候変動に大きな影響を持つとされる温室効果ガス(CO2等のGHG)の削減、
  廃棄物の削減、土壌・大気・水質の汚染の防止などのことです。
  資源の有効活用とは、水資源の削減、資源の節約などのことです。

御社におかれましてもエネルギーや水資源の効率的な使用、CO2排出量の削減、廃棄物削減、汚染防止など環境負荷削減、並びに、生物多様性の保全への取り組みにより環境マネジメントの実施をお願いします。
また、製品含有化学物質管理を行い、法令(基準・規格)に適合した部材の供給をお願いします。
関連して、ウシオはグリーン調達基準を制定しておりますので、遵守くださるようお願いします。

3.製品安全性の確保

国際市場において競争力があり、良質で安全な製品・サービスを提供します。

御社におかれましても、常に品質の維持向上、研究開発に努めてください。

4.BCP(事業継続)

安定した供給は重要な社会的責任であると認識しております。
従って、安定した供給が出来ない状況を想定して事前に予防をする、また、そのような状況が生じたときでも早期に復旧することが重要と考えております。

御社におかれましては、BCP体制の構築に努めるようお願いします。
大規模な災害発生などにおいても重要な業務を中断させず、できるだけ早期の復旧を図るためのBCP(事業継続計画)の作成をお願いします。
またお取引さま自身のサプライチェーンの把握、安定供給に向けた自主的な取り組みをお願いします。

5.公正・公平な取引、法令順守

社会規範を尊重し法令を順守する会社とお取引を行います。
また、お取引先さまの立場と権利を尊重し、健全で公正・公平な取引を行い、相互協力、信頼関係を構築します。

御社におかれましては、法律を適切に理解し、法改正など社会的変化にタイムリーに対応できる体制を構築し、健全な企業経営に努めるようお願いします。

6.情報セキュリティ

近年、情報についての有用性、重要性が増しており、社会的責任が増してきています。
事業活動上で取り扱う個人情報、企業情報などの情報資産を、漏洩や改ざんなどの脅威から確実に守ることが最重要課題と考えています。さらには、情報は価値を生む資産、企業価値を高める源泉という認識に基づき、社員の情報セキュリティ意識の向上、リスク管理など体制整備を推進しています。

御社におかれましても、情報管理体制を十分に構築し、第三者への機密情報の漏洩防止に努めるてください。

以上

*は補足説明です。

CSR調達方針は必要な言語(契約時の言語等)での提供を行います。

CSR調達方針は、ウシオ電機環境方針に基づきます。
 https://www.ushio.co.jp/jp/sustainability/eco/manage/vision.html