お客さまとともに

お客さまは誰かを考え、「あたり前品質」の上を行く「魅力的品質」を備えた製品・サービスの提供を目指します。

顧客満足への取り組み

グローバルCSセンターの取り組み

グローバルCSセンターは、世界中のお客様で稼働するウシオの装置をサポートし、DX推進の社会の実現に貢献します。また、お客様から常に頼りにされる存在であるためにさまざまな取り組みを続けています。

昨今はコロナ禍によりサポート活動に大幅な制約がかかる中、リモートメンテナンス機能やスマートグラス等のネットワーク機器を活用した遠隔メンテナンス支援を充実させ、ニューノーマル下でのお客様サポートを強化しています。

中期経営計画を支えるIT基盤の整備に向けて

2020年7月に発表された中期経営計画では、グループ会社間の連携を強化する方針となりました。これにより、グローバルで発生している情報を今まで以上にタイムリーかつ詳細に収集し、的確な経営判断が行えるIT基盤の整備に着手しています。また、IoTを導入して製造工程での生産性向上・品質向上、RPAを活用して各種業務処理の生産性向上を進めており、今後はグループ会社へも適用範囲を広げ更に推進していきます。

グローバルなIT基盤整備を進めるにあたっては、同時にガバナンス強化を図ることも必要になってくると考えています。グループ間連携の方針やサイバー攻撃・情報漏洩に対して、グローバルでのルール整備やセキュリティポリシーの制定にも着手しています。ウシオグループ全体でガバナンスにグリップを効かせ、ベクトルを合わせることで目標達成に向けて活動していきます。

BCPへの取り組みについて

ウシオは、2012年に全社組織BCP委員会を設置し、BCP対応への取り組みを開始しました。ウシオの主要な事業である光源事業から取り組みをスタートし、その後、装置事業、メディカル事業に展開してきました。2014年に全社統合BCP対応マニュアルを策定するとともに、災害備蓄品(飲食料・トイレ・寝具・日用必需品・防護具)の拠点毎への分散配備を完了させることで、全事業所でのBCP対応を完了しました。
近年の台風・集中豪雨にともなう洪水被害、ウイルス感染症の大流行など、大規模災害が発生した場合においても、事業活動を継続していくため、事前にリスクを想定・抽出し、リスク防止や低減への対策を行っています。
2020年の新型コロナウイルス感染拡大に対しては、新型コロナウイルスBCP対応マニュアルを策定し、さらに2020年から2021年にかけての各国政府や自治体の指示に従った適時適切な対応もマニュアルに反映させ、全社レベルでの感染拡大防止に努めています。
BCPの維持・向上を図るべく、各事業所でBCP対応訓練やシミュレーションを行い、BCPの定着、検証・見直しを進めています。国内外の生産拠点においても、同様な取り組みを進めており、各拠点の現地状況に応じたBCPマニュアルが策定され、運用が行われています。
調達先、協力会社に対しても、BCP対応の整備を継続的に進めています。ウシオの調達先評価・選定では、BCP対応レベルが評価項目のひとつとなっています。定期的に実施しているCSR調達アンケートにおいても、調達先のBCP対応状況の確認と啓蒙を行って、BCP体制の更なる向上を進めるよう活動しています。
 
以上のようなBCP対応向上取り組みを進めるとともに、新型コロナウイルス感染拡大による行動制限を働き方改革のチャンスとも捉え、在宅勤務に関する制度改訂や新しいモバイル環境の構築も行いました。特に東京オフィス・大阪オフィスでは出社率70%削減を推進し、オフィスにおける社員の安全・安心のため、事業所入り口への消毒液や非接触式の体温計の設置、定期的な清拭除菌など、さまざまな対策を講じています。