人材の育成

人事ビジョン、求める人材像・人材要件に根差した人材育成

企業理念にある「会社の繁栄と社員一人ひとりの人生の充実を一致させること」の実現に向け、私たちウシオ電機の社員はどのような姿でありたいかを定めた「人事ビジョン」や、ビジョンを実現するための「求める人材像・人材要件」を定義・明文化しています。そして、このような人材を育成するために、育成体系を構築し、社員一人ひとりおよび会社の成長を加速支援しています。

人事ビジョン

“喜び”と“驚き”を生み出す輝く集団

人材像・人材要件

求める人材像
「志」 と「情熱」を持ち、多様な価値観を尊重し、協働・挑戦し続けるプロ人材
  国・地域によって事業内容や社会課題が異なり日々変化するため、バラエティに富んだ人材=グローバル人材を求めています。
 

人材要件
下記の人材要件(行動・マインド)に加え、グローバル人材要件として、「ダイバーシティマネジメント」「経営リテラシー」「グローバルコミュニケーション」の3つを人材要件として定義。

人材像・人材要件の図

育成(研修)体系

教育成(研修)体系の図

新入社員研修

新入社員研修では、「ウシオ電機の一員としての自覚を持ち、主体的に考え、動く姿勢を身につける」というゴールを目指し、1年間を通してビジネスパーソンとしてのマインドや、基本的動作、ビジネススキルなどの基礎の習得を行います。
また、自社理解を深めるために、製造部門などでの現場研修を通して、多くの人からの支援を受け、学び、成長していきます。

 配属後も一人ひとりの状況や成長を踏まえたフォローアップを強化しており、「シスター・ブラザー制度」や「新入社員フォロー研修」、「定期的な人事面談」などの施策を行っています。

シスター・ブラザー制度

「シスター・ブラザー制度」とは、ウシオ電機の新入社員研修の一環として当社で30年以上続く、伝統ある育成制度です。1年間、先輩社員が指導者となり、マンツーマンで新入社員を指導・バックアップする制度であり、指導者が女性であれば「シスター」、男性であれば「ブラザー」と呼んでいます。具体的には、日々の仕事の指導に加え、会社生活での困り事や個人的な悩みなども含めて、新入社員の成長をサポートします。
シスター・ブラザーに選ばれた社員には「シスター・ブラザー研修」を行っています。

シスター・ブラザー制度をはじめとした入社初期教育の充実化は、新卒入社3年目の高い定着率(2018年度新卒入社:定着率100% 2021年4月時点)にもつながっています。

ヤングエグゼクティブ・グループ

将来の経営人材の育成を目指す制度の一つです。メンバーはウシオグループに属する20代・30代の若手社員から公募を経て選定されます。志と情熱・戦略構築力・実行力・グローバル対応力の4つを目標要件として、経営戦略などのビジネススキルの習得および現状の経営課題把握と施策の提案など具体的な取り組みを行います。役員や外部の経営者・専門家の方々と意見を交わしながら活動を行っており、高い志を持つ若手社員へキャリアパスを考える機会を提供しています。

職能別教育

職務に直結したOJT・Off-JTにおいては、専門知識のスキルアップだけでなくモチベーションアップのために、小集団活動を通じた改善活動、コミュニケーションの活性化、情報の透明化共有化などを実施しています。それに加え、各部門の職場に密着した研修をサポートしています。

トレーニングセンター

2012年開設の技術者養成講座からスタートさせた取り組みが、現在はトレーニングセンターとして技術者教育の機能となりました。光技術で社会に貢献するウシオの技術者の基礎スキル充実化および多様化する社内機能への期待から、現在では多くの研修メニューを充実化させており、機械製図・CAD・プログラミングをはじめとした50コースを越える講座をラインナップしています。また、ExcelやPower Point等のPCスキル講座も段階的に拡充し、技術者だけではなく、社内のあらゆる職種を対象とした幅広いスキル習得の機会提供に努めています。2016年度より国内グループ会社へ、2017年度からは国外グループ会社への教育提供も開始し、グループ全体での技術底上げに貢献しています。
 

UPS(Ushio Production System)活動

ウシオ電機播磨事業所では、激しい事業環境の変化に柔軟に対応し、高品質で高効率な工場へと変革するため、従来から培ってきた改善活動(TQCやTPM)を統合し、多角的視点からUPS(USHIO Production System)という活動を2011年から進めています。自ら問題に気づき仲間と困りごとを共有し、力強く改善していける力を身につけるために「小集団活動」、「人材教育」、「ロス低減」を3本柱としています。特に、2018年以降は、3本柱の各指標の数字としても目に見える顕著なレベルアップが図れ、その成果を発表会・展示会・講演会等で社外へ発信することで地域社会への貢献にも繋げています。

●これまでの活動内容
2014年4月からは具体的な改善の活動として、「事業所内全員参加」および「見える化」を徹底した事業所内の小集団活動という展開を進めています。91の集団からスタートし、具体的な改善活動の推進とともに自主的な管理を促す人材育成、現場の意識改革にも寄与する活動を行っています。女性や若手社員がリーダーとして活躍する小集団に対して各々の自立を支援すべく、部署内からの支援者が新たに立てられ、事務局からのフォローアップに代わる機能として活動を続けています。組織上でも、現場主体の活動体制への切り替えの契機となり、改善活動の推進を実際の業務に一体化させ、マインドの同質化と自立を後押しする体制になりました。

●人づくりの価値の向上と定着化
人材育成としては、引き続き「モノづくりは人づくり」の考えを尊重し、現場の主体的な活動を促す支援者の教育を行い、2016年度からは従来の教育よりさらに実践的な実技講習を強化することによって、人づくりの価値をより向上・定着化させています。
今後も、継続的かつ地道な活動の蓄積により、「見える」かたちでモノづくりの基盤を確立し、ノウハウを蓄積しながら効率化や職場の活性化につながる活動を継続させていきます。

熟練技能訓練道場

光源事業部マイスターグループは、熟練作業の指導、技能伝承のみならず、自動化に向けた工法開発、品質向上に向けた工法改善の取り組みを行っています。ランプ製造に直接係る部分だけでなく、石英ガラス治具製作など難易度の高いガラス加工品製作の取り組みも開始し、広く将来を見据えたモノづくり技能向上への貢献を図っています。

メンバー(マイスター)は、技能伝承・後継者育成に熱心かつ伝承できる指導力を持ち、高精度な特殊加工などの技能を有しています。マイスター制度導入により、熟練された知識や技能だけでなく、指導者として信頼される人格やコミュニケーション力も評価され、そしてマイスターとして認定されています。

活動は、光源事業部だけでなく他事業部や、海外を含めたグループ会社に対しても実施しており、多方面・グローバルな取り組みとなっています。例えば海外グループ会社に対しては、定期的な作業確認や指導者への教育を実施しています。研修の為に現地スタッフの受け入れも行っており、グループでの技能レベル向上、及び製品の品質向上につなげています。

海外製造現場からの研修生と

自己啓発援助

社員が自己の英語レベルを把握し、レベルアップを図ることを目的として、TOIEC Bridge の受験制度を導入しており、受験料の一部を会社が援助しています。2020年度は延べ203名が受験しました。なお、現在、TOEIC Bridgeスコアを役職者の登用要件の一つとしています。

また、自己啓発援助の一環として、「U’s Club」のメニューを利用することができます。通信教育、英会話スクールをはじめとした各種スクール、資格取得などに、あらかじめ付与されたポイントを自分のニーズやライフプランに応じて使うことができます。

「コロナ禍における新たな教育研修への取り組み」(研修時間および費用の開示)

2020年度のスキルアップ関連を中心としたウシオ電機従業員への教育研修(自己啓発援助、ヤングエグゼクティブ制度、階層別研修、職能別研修、新入社員研修など)はコロナ禍の影響を受けて、対面での実施が困難になり、受講機会は大幅に制限されることとなりました。
一方でオンラインを中心とした研修プログラムへの転換を進め、ウシオカレッジという名称の下、新たな選抜型研修をスタートさせました。従って2021年度は研修の受講者数、受講時間、費用ともに大幅に増加見込みです。
なお、2020年度の教育研修時間は、15,152時間、費用は23百万円、受講者は延べ893人でした。