経営のフォーカスとしての重要課題

4. 持続的な環境負荷低減

フォーカスの定義

私たちは、地球環境への負荷を低減するための取り組みを行ってきました。現在では環境への取り組みは、長期的な視点に立ち、企業が生き残り、かつ環境の機微を捉え、事業に結びつけるために重要な活動となっています。
 今後もリスクを見極め、併せてウシオが事業を拡大する機会を逃さないこと、加えて環境負荷低減につながるような取り組みをサプライチェーンまで含めて行っていきます。

具体的な取り組み内容

気候変動

  • 事業所から排出するCO₂削減

これまで、省エネ活動や太陽光発電の導入・増設などで削減を積み重ねてきました。削減目標もより高い目標へ変更しており、さらなる再エネ導入などグループを挙げての取り組みを進めていきます。

  • 環境配慮型製品の開発によるCO₂削減

製品使用時のCO₂削減につながることから、光源の固体光源化を進めています。また、環境配慮型アセスメントマニュアルにCO₂排出量の評価項目を盛り込んで、より環境負荷の少ない製品の開発を行っています。
 今後もCO₂削減を意識した製品開発のロードマップに沿って、開発を進めていきます。

エネルギー問題

  • 資源・エネルギー問題への対応

エネルギーの利用にあたっては、より少ないエネルギーで生産できるよう、効率的な生産活動を進めてきました。クリーンルームのように生産にかかわらずエネルギーを消費する設備もあるため、稼働制御による省エネ活動も行ってきました。今後は、よりエネルギー使用の実態に合った原単位で、管理・削減を進めていきます。

水資源・水リスク

  • 水や資源の有効利用

気候変動により世界的に影響が大きくなりつつある渇水や洪水などの水リスク、事業活動や人への水供給不安などの水資源不足、これら「水」に関わるリスクを低減するため、リサイクルを含めた水使用量の削減及び効率的な使用、また、排水に関しては法規制を遵守し公共用水域及び地下水の水質汚濁防止を図る活動に取り組んでいます。

サプライチェーンマネジメント

  • CSR調達のグループ推進

お取引先様のご協力のもと、グループでのCSR調達を進めています。その中で部材の環境負荷低減をお願いするとともに、CSR調達に関する評価も行っています。また、お取引先様への教育・指導を通じて、お取引先様のレベルアップを図っています。

<気候変動に対する取り組み>
ウシオは2021年7月に「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言への賛同を表明しました。
今後、TCFDの提言に基づき、気候変動が当社事業に及ぼすリスクと機会を分析し、経営戦略に反映するとともに、関連する財務情報・経営情報の開示を進めていきます。

2030年の目指す姿

  • 気候変動について想定されたリスクが回避され、機会となるビジネスに参入できている。事業の環境負荷を少なくするために、SBTベースのCO₂排出量目標が達成され、事業所から排出するCO₂が削減できているとともにCO₂の排出量の少ないグリーン製品の開発と顧客提供の体制が整っている
  • 使用エネルギーを削減して資源の使用量が抑えられている
  • 水や資源の有効利用
  • 環境影響の少ないサプライチェーンを実現する

取り組みの実績と2022年までの計画

  • TCFDへの賛同表明とシナリオ分析など財務インパクト試算に着手
  • 事業所から排出するCO₂削減(SCOPE1+2)について、2022年度に2017年度比13%削減
  • 環境配慮型製品の開発によるCO₂削減(SCOPE3)について、 2022年度に2017年度比10%削減
  • エネルギー問題への対応について、毎年原単位で前年度比1%削減
  • 水資源の有効利用について、 2022年度に水使用量を2019年度比1%削減
  • サプライチェーンを通じたCO₂削減のための情報収集を行う